| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
IMPERATOR


インペラトル(imperator)

 

 

 

 

 

それは古代ローマにおいて最高権力者を表す称号であり、

 

皇帝すなわちエンペラー(emperor)の語源ともなったこの言葉は

 

絶対的な“権威”そのものといっていい。

 

 


ここロイヤルスクール・オブ・エバーグリーンにおいては

 

一年に一度発表される最も輝ける寮ということになろう。

 

 

各寮の生徒たちは他寮に先んじて評価を上げ、

 

その頂に彼らの長を掲げる。

 

 

いずれ格付けされる世界で生きていく彼らが

 

初めてその経験にさらされる舞台ともいえるわけだ。

 

 

 

 

 

 

 

ふぅ・・・・・・

 

 

 

 


いつものオープンキャンパスの風景とはいえ、

 

あれだけの数のゲストを案内するのは骨が折れますね・・・

 

 


この学園の運営は国家からの補助金と、

 

貴族や資産家からの寄付金、

 

そしてその資産をフェローが管理運用することによって成立しています。

 

 


そのため多くの政治家や資産家をはじめ、

 

進学を控える子女を抱える多くの保護者が、

 

我が子の、ひいては家の将来を賭すに値する学び舎であるか

 

見極めるために見学に訪れるのです。

 

 

 

当然ホストである私たちには

 

最高のおもてなしを実践する義務があるのですが…

 

 

 

時には想定外の事象が生じる場合もあります。

 

 

 

 


オープンキャンパスの当日にシルフィードの監督生である

 

Mr.ケスラーとMr.グラツィアーニが

 

諍いを起こすという事件がありました。

 

 


今年度のインペラトルの称号を獲得したシルフィードが

 

このような醜態をさらしてしまうとは・・・

 

穏やかではありませんね。

 

漏れ伝わるところでは、

 

どうやら、第3寮アンディーンが絡んでいる様子…

 

 

寮長のMr.クーベルタンと副寮長のMr.ベラルディが仲裁に入ったものの、

 

後々に禍根を残さなければよいのですが・・・

 


これから新しい学期が始まるその大事な時期、

 

各寮の動きが活発になるやもしれません。

 

 


もちろん、

 

アピール競争だけでなく、

 

足の引っ張り合いなども含めて…

 

 


それぞれの事情、

 

それぞれの流儀、

 

そして、それぞれの思惑、

 

 

それらが絡み合って何が生み出されるのか・・・

 

 

 

ゆっくり見ていくことにしましょう。

 

 

 

 

 

18:00 理事長 ドナルド・エイブ・クレメンツ comments(0)
煽情

 

静けさを取り戻した校舎に思い出した様に吹く風が深緑を揺らす音だけが響く。

それは寂しさを嘆いている声にも聞こえ、時が殊更ゆっくりと刻まれている事を再認識させる。

この時の矢は逆行することはなく必ず決まった順序で万事は成される。

 

オープンキャンパスを終え短い夏休みを自邸で過ごす生徒も少なからずいるようだ。

うだる様な暑さの寮から逃げるように訪れた中央棟は人の気配こそするものの、全く活動的ではない。


ふとした感情に突き動かされ古い石畳の階段を登る。


単調に続く足音が遠く聞こえる。

夏という季節によるものだろうか。

 


豪奢な封筒と赤褐色の封蝋。

一度読めば読み返す内容でもない結婚式の招待状は寮に戻ってすぐに引き出しへと押し入れた。

これがセヴェリがわざわざ学園まで届け、伝えたかった事…


なるほど…

あいつがしそうなことだ。

 


太陽に雲がかかったのか幾ばくか陰る廊下。

また雨が降るのか。

 

ただの雨ならいい。

それ以上となると収集がつかなそうだから。

 

暑い・面倒くさい という理由で非協力的になる監督生はバレリオくらいだ。

そんな態度を晒すくらいならサラマンダー寮でじっとしていてくれる方がずっといい。

寮や寮長の評価が無闇に下がらずに済む。

 

しかしセドリックは違うようだっだ。

彼の功績は先日のオープンキャンパスでも例外なく目立ち、リンドグレーン先輩は鼻高々だったはず。

バレリオが中央棟に姿を現さなかったことなど霞んでしまう程度には。

 

寮長同士の小競り合いが最小限に済んでいるのも彼の成すところが大きい。

後輩からは慕われ些細な変化を見逃さない。

今後のサラマンダー寮の為には必要だ。

 


最後の一段を上がったところで窓から風が、水と土が混ざった匂いを運んできた。

 

とうとう降ってくる。

もしそうなったら止むまでここに居よう。

 

錆びたドアノブを回すと室内の湿気でシャツが体に纏わりついた。

黒いピアノが無人の音楽室で無機質に佇んでいるのを見て、平凡だと感じる自分はまた意識の外にいる。


右側を一人分空けて鍵盤に向かう。

 


ここで、君にしか出来ない事があるんだ。

18:00 (13ago)5年生 トゥーレ・エドヴァルド・フォルスブロム サラマンダー寮生 comments(0)
誇り

 

ーーセドリック・ギャビン・ダウズウェルーー

…僕は…二男だから……


ーー君は…このままでいいのか?ーーー


…いいんだ。僕は……



……

………

…………

あれ?寝てしまっていた…

オープンキャンパスの準備に追われていて、疲れ切っていたのかもしれない。

寮長もきっとお疲れだろうな…

…廊下からオスカルとバレリオの声がする。片付けを任せてしまっていたからな。悪いことをした…


このサラマンダー寮は、僕の誇りだ。

僕は、ここで生きていく。

他の寮のことは、どうだっていいんだ。

このサラマンダー寮を、エバーグリーンの誇りにするために、僕はこれからも、副寮長として仕事をこなしていくんだろう。

兄さん、僕は、ここで生きていくんだ。

ーーそして。

あの憂いを帯びた眼差し。

君はどうしてそんなに悲しそうな瞳をしているんだ?





ーーsmile?


僕が、守らないと。

君の微笑みを。


ーーpride?


僕が、戦わないと。

君を、僕の誇りにするために。


「ダウズウェル先輩?ニコルソンです。」

…今、いくよ。

18:00 (13ago)6年生 セドリック・ギャビン・ダウズウェル サラマンダー副寮長・監督生 comments(0)
Silence....

 

ふぅー!

 

楽しい時間はあっという間だな。

 

今年は例年に比べると人も多かったし、

お客様もたくさん来てくれて

盛り上がったな‥‥。

 

うちの寮って、本当にいい人が多くて。

ダウズウェル先輩はすごく面倒見がいいし、

クエスティ先輩は一見クールだけど

実はすごく優しいし。

フォルスブロムだって、あんな感じだけど

本当はすごくいいやつで‥‥‥

 

‥‥‥そういえば、フォルスブロム家からの

トゥーレの親戚の方‥‥凄くカッコよかったなー!

 

なんていうんだろう、立っているだけで

とても絵になる人とでも言うのだろうか。

うっかり見とれすぎちゃって、

名前をちゃんと聞けなかったよ。

 

いいなあ、あんなに素敵な

親族がいたら僕なら

自慢して歩いちゃうよ。

あ、でもフォルスブロムも

美形だから、きっと

自慢して歩く必要もないんだろう。

 

おっと、こんなところで

油売っている場合じゃないや!

 

早くサロンにいらっしゃるクエスティ先輩に

資料を届けなくっちゃ!

18:00 (13ago)5年生 ウィルバー・サンディ・ニコルソン サラマンダー寮生 comments(0)
Wrapped in Fragrance

 

ふんわりと辺りに立ち込める紅茶の香りを
胸いっぱいに吸い込みながら、先ほどのシーンを思い返してみる。

 

アンディーンの寮長、ローレンツ・ヴィンフリート・レマルク先輩。

偶然通りかかった僕を、何の気なしにファーストネームで呼びつけ、
更にはお茶のおかわりを頼むなんて。

 

「…流石だなぁ」


隣に座っていたのは、確かワーデルセラム。

 

彼の好みの紅茶は、何だったかな。

 

数ある銘柄の中からそれを選び、容器の蓋を開ける。
華やかで上品な香り。
それを楽しみながら湯を注ぐ。

オープンキャンパスで慌ただしいかと思いきや、

この辺りはしんと静かで、心地よい。


こうして人にお茶を淹れるのは嫌いではない。
その一時が、素晴らしい紅茶によって良きものになるなら。

 

準備を終え、彼らの元へ向かおうと思った頃、
何か忘れているような気分になった。

 

「ワーデルセラム…あれ、図書館にいると思ったんだけどな」

 

僕が彼らに会ったのは、図書館からはいくらか離れているサロン。
たしか、誰かがワーデルセラムを探していたような…


「…まぁ、いいか」


きっとそのうち見つけられるだろう。

それよりも、早くしないと紅茶が冷めてしまうから。

18:00 (13ago)6年生 オスカル・パトリツィオ・クエスティ サラマンダー寮生・監督生 comments(0)
Water leads itself to its vessel.

 

昨晩まで降り続いた瑞雨も勢いを弱め、打ち払われた雨雲に代わって
今日は朝から学園中に燃えるような陽射しが照りつけていた。
こうして中庭を歩いているだけでも、体の中から追い立てられるように
汗がシャツを濡らしていくのがわかる。

 

 

 

「まさにサラマンダーの如し、だね」

 

 

 

オープンキャンパス当日。
寮長であるリンドグレーンの指示によるものなのか、
学園のそこかしこでサラマンダー寮生の姿を見かける。

 

 

 

『来年度こそは最優秀寮の栄冠をサラマンダーに』
日の出の勢いがごとく彼等の様子は一様に溌剌としており、
その働きぶりに見学者を引き連れた理事長も満足気に頷いていた。

 

 

 

「さて・・・アルベリックはどうでるかな」

 

 

 

現最優秀寮の冠を戴く第二寮シルフィ―ド。
その長たる彼は意気盛んなサラマンダーを見てどう動くだろうか。
サラマンダーだけではない。
第四寮ノーム寮長であるトラヴェルサも、負けじと寮生達を引き連れて
躍動している。

 

 

 

「ふふ・・・先程はああ言ったが・・・
インペラトルの称号を勝ち得るのは容易ではなさそうだね、リシャール」

 

 

 

陽射しをやり過ごすように校舎の陰に入る。
太陽の支配が及ばぬ中庭にある仄暗い一角。
外壁にもたれて様子を伺う事にした。

 

 

 

そうしていくらか思索に耽っていると、目の前を忙しなく
通り過ぎていく生徒達の一人が足を止めた。
おそらくはノーム所属の下級生であるのだろう彼はジャスミンの鉢植えを抱えていたが、

こちらが第三寮アンディーンの寮長であると気付くと鉢植えを地面におろし丁寧に挨拶をした。

 

 

 

それに応えるように外壁から身を起こす。
その時、ふと足元に違和感を覚えた。
見下ろすと、日が当たらぬがゆえにまだ充分に地面が乾ききっておらず
幾分か湿った土が靴を汚していたのだ。

 

 

 

「気を付けるんだね、リシャール」

 

 

 

僕が不意に放った言葉に、目の前の後輩は目を丸くする。
その言葉の人物にも、真意にも、理解が及ばなかったのだろう。

 

 

 

「水は方円の器に随う・・・というからね」

 

 

 

彼の表情はますます怪訝を深める。
僕の口元からは、意地の悪い事だな、と思わず自嘲の笑みがこぼれた。

 

 

 

足を止めて悪かったね、と勤勉な下級生を送り出す。
はっとした表情の彼は慌てて「失礼します」と頭を下げて再び鉢植えを抱えた。
ノーム寮自慢のジャスミン。
上級生の指示でどこかのゲストルームにでも飾るのだろうか。

 

 

 

その姿が見えなくなり、僕は視線を足元へと戻す。

 

 

 

「その身を以て土を肥えさせる養分となるか」

 

 

 

目を少しずつ細めていく。
やがてこびりついた泥しか見えなくなった。

 

 

 

「それとも、その気性を以って凍土と化すか」

 

 

 

口角を衝くように口の端が上がる。
僕はどちらに転ぶのを願っているだろうか。

 

 

 

「君は、彼にとってどちらになるだろうね、リシャール」

 

 

 

校舎に落ちる影が広がる。
先程まで曇り一つなかった青空に幾分か雲が出てきた。

 

 

 

それでもまだ陽が落ちるまでには時間がかかりそうだ。
靴についた泥を目もくれずに払い落として、僕は仕事に戻るべく歩き出した。

18:00 (13ago)7年生 ローレンツ・ヴィンフリート・レマルク アンディーン寮長・監督生 comments(0)
muddy the waters

 

冗談か本気か

 

 

本心を読ませない表情、声音。

 

 

 

だが、冗談などでは無い事はすぐに解った。

 

大して目も通さずに膨大なリストをすぐさま暗記し

 

自分の持ち得る情報も交えて推測する。

 

人の上に立つ人間はそう為るべくして生まれてきた…と

 

感じざるを得ない。

 

 

 

 

 

それから…

 

グラツィアーニ先輩とクーベルタン先輩の件。

 

第三寮シルフィードの、監督生と寮長か…

 

柔和な微笑みを浮かべながら話すその真意は


きっと私の及ばない所で起きている事象であろう事は判るが


酷く愉しそうで何か…一抹の不安を感じた

 

 

 

 

 

 

だが、何より

 

 

まさかあの場で、

 

 

  ――クリームヒルトの婚約披露パーティーが
我が家で開催される

 

 

言葉がじわじわと

 

 

 

  ――君が相手なら、良かった

 

 

 

一滴また一滴と染み込んでいく

 

 

 

  ――今なら、まだ間に合うよ、リシャール

 

 

 

 

 

ローレンツに真意など在って無いようなものだ。

 

 

ただ、その言葉には偽りがない。

 

それが恣意的なこともあれば

 

時に意図的なこともあるというだけで、

 

いつの間にか彼の操る言葉の糸に絡めとられている。

 

 

 

 

 

 

 

心を一歩外に置く事

 

 

 

ローレンツとリシャールとしてではなく

 

 

第一寮アンディーンの寮長、そして副寮長として対峙するべきだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…今日は一段と気温も湿度も高い

 

 

 

外であれば尚更だろう。

 

 

 

こんな日はすっきりとした飲み口のダージリン・ザ・セカンドフラッシュを

 

間もなく戻る寮長の為に

 

 

 

 

 

 

 

18:00 (13ago)6年生 リシャール・エルヴェ・ワーデルセラム アンディーン副寮長・監督生 comments(0)
Without haste, but without rest.

 

祭りのあとの夜。
オープンキャンパス後の中庭はいつも以上に静かで暗い。

 


6年前・・・
あの頃の自分とつい最近の自分。
入学当時から変わったものと変わらないもの。

 


居場所を作るのは自分。
種を植えて咲くのも自分。

 


支えてくれる人がいると思うだけで頑張れる。
でもどこかで結局は独りだとも思っている。

 


所詮自分では何も変えられないのかもしれない。

 


塞いでいた想いが静けさから顔を出す。
久しぶりに向き合う弱気な自分・・・

 


入学当初は自分が寮をまとめることなど想像もしていなかった。
でも今は・・・

 


他寮の生徒はおろか、
所属寮の誰にも見せることはできない自分の弱さ・・・

 


寮長や卒業して行った先輩達も
こうしたことを考えるときがあるのだろうか。

 

 

とりあえず歩いてみよう。

また夜が明ける。

18:00 (13ago)6年生 イグナーツ・テオドリヒ・ハイゼンベルグ ノーム副寮長・監督生 comments(0)
Chouette de la fenêtre

 

はぁ…慌ただしかったオープンキャンパスも終えて…



ケスラー先輩とグラツィアーニ先輩が言い争いを始めちゃって、もう大変!


マスターとクーベルタン先輩
仲裁は上手くいったのかなー…?


僕まで巻き込まれるのは嫌だったからとっさに逃げてきちゃったけど…


おかげでハイゼンベルク先輩にお会いして書類を届けることも出来たし…

僕的には都合が良かったんだけど、そんな事言ったらマスターに叱られちゃう。




ハイゼンベルク先輩も何やかんやで色々聞いてきたけど…



流石にシルフィードで起きたことをノームの副寮長にお話しするのはマズイから黙っておいた。


そんな事したら僕がシルフィードを追い出されちゃう!そんなの嫌だもん!





あれ…?




また"茶色"のフクロウ…ハイゼンベルク先輩が言ってた…

確か…ヴァイゼ…だっけ?




フフ…どうやって懐かせようかなぁ…
僕、虫とか嫌いだからなぁ…

うぅ〜!!思い出しただけでも寒気がする…!!





餌をあげる以外に何か良い方法は無いのかなぁ…?

18:00 (13ago)2年生 カルステン・オットマール・シュヴァイツァー シルフィード副寮長お世話係 comments(0)
Question

 

今日のオープンキャンパスはちょっと変な一日だった

 

まず、アルベルティーニ先輩には

「今日は具合が悪いからお休みしまーす!とかなんかうまく言っておいて」

なんて頼まれて

うまく、なんて言われても

僕は隠し事が苦手というか

上手くないから

マスターにはバレちゃってたかな

ぎりぎりセーフ、だったりしないかなあ?

結構頑張ったと思うんだけど

 

 

 

そこまではいつもの日常っていう感じだったのに

僕がお茶を持って戻って来た時には

何か空気が変わってた

 

いつの間にかシュヴァイツァーが来ていて

シュバイツァーがマスターに書類…?

彼が持ってくるなんて珍しいって思ったんだ

 

でもこれはあまり詮索しない方が良いみたい

 

マスターが望まないなら

僕はそれに従う

 

 

だけど

 

ヴァイゼがシルフィードにっていうのは

本当に不思議

だって僕がいつもマスターの部屋に行く時は

必ずケージの中にいるのに

逃げ出すなんてあるのかな…?

とても賢い子なのに…

ん?賢いから出れるのかな?

でもいつ…?

 

マスターの様子が変だったから

あんまり聞けなかった

マスターもすぐに出ていってしまったし…

 

 

 

やっぱり

 

何かは分からないけど

 

今日は何かが変、だったんだ

 

 

 

 

 

18:00 (13ago)2年生 マリアン・ジェフロワ・タイユフェール ノーム副寮長お世話係 comments(0)
1/10PAGES >>