| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
弱まる焔


オープンキャンパスの時といい、他寮といるとどうしてこうも事件ばかり起きるのか。
今までだって他寮との間に問題はあったし、衝突はしていたけれど、
最近起きる事件に比べれば些細な事ばかりだ。

そんな事件の事を差し引いても、ひたすら紅茶を淹れては運びを繰り返していたおかげで
疲れているのだ。

彼方此方へ運んだものだからそりゃ疲れるし、よりにもよって我先にと急いで開いた
このサラマンダーのドミトリー・ヴィジットであんな事が起きるなんて…。


シルフィードの3人、イーサーの3人、それからマスターとフォロスブロム先輩への紅茶。

数の多さに、一瞬誰か手の空いている生徒に手伝って貰おうかと考えたけれど
僕がマスターに頼まれたのだから、他の生徒に手伝って貰うなんて選択肢はない。

だから勿論、手伝いにきたと言うジェファーズ先輩にも、
手伝ってもらう気は無かったのだけど……まぁ、正直…助かったかな…。
あの人数の紅茶を一人で用意していたら、紅茶が冷めてしまっていたかもしれないし。

けど、マスター達のいる前で運ぶのを手伝うと申し出てきた時は流石に断ったさ。
当たり前じゃないか、そんな事されたらマスターに後でなんて言われるか…!!

それにしても、ジェファーズ先輩はRAだろ?
だったらあの転校生をしっかり見ておいてよ!!

せっかく僕が淹れた紅茶を、お菓子が喉に詰まって、急いでいたからつい…だなんて!

喉につまるほど詰め込んだんだなら自業自得だし、ジェファーズ先輩が運んでいた方の
紅茶を飲めばよかったじゃないか!!

マスターへの紅茶じゃなかっただけ、まだマシだったけれど…。

しかも、マスターへ紅茶を渡し、今回は何も言われなかった事に安堵していたら、
今度はジェファーズ先輩が急に倒れるし…。

でも…なんで…

お菓子…は主にあの転校生が食べていたみたいだし…

となると、やっぱり紅茶…?

でも、茶葉はしっかり確認されて置かれているはずだし、
ジェファーズ先輩以外は何ともなかったみたいだし。

紅茶だって、いつも通り淹れただけだし…。


はぁ……


疲れと、少なからず自分も事件に関わっているであろう事に対する不安に、
思わず大きな溜息を吐いてヘッドにぐったりと倒れこむ。


この時間ならマスターに紅茶を頼まれる事もなさそうだし、少しくらいなら寝てしまっても…大丈夫だよね?


うとうとしつつ、もう一つ、マスターとフォロスブロム先輩が話していた事件を
思い出した。

ジェファーズ先輩の事に比べれば些細な事だけれど、
『誰がシルフィードに招待状を出したのか』という事…。

マスターが自分で出すということはしないだろうし、フォロスブロム先輩も違うと言っていたし…。

そのうち、まさかお前じゃないだろうなぁってマスターに言われるんだろうなぁ…
 
16:00 (11ago)3年生 ジャンニ・マルツィオ・ペルディーサ サラマンダー寮長お世話係 comments(0)
comment

message :